読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6/25 第85回全日本選手権ロードレース

6時半ごろから目が覚めて、朝ごはん。

f:id:shimablog:20160630210857j:image

外は大雨、暴風。

高速ジェット船が欠航になるくらいの悪天候。

ホテルから見えるU23のレースが、、、、すさまじいことになってる。

こんな中レースか、、、、

 

体調は、いまいち。階段をあがると大腿四頭筋が微妙。体もつかれているかな?

今週はずっとそんなかんじかな?

アップするにもまだ時間があるので、11時過ぎまで二度寝

おきたら、少しすっきり。

雨も止んでた!まぁ、相変わらずの爆風ですが・・・・。

 

 ホテルの倉庫でアップ開始。f:id:shimablog:20160630211911j:image

 同宿だった、ReadyGoJapanの方々もこちらでアップしてました。

さらに、與那嶺選手も。豪華だな、この宿。

そして、アップしてもすぐ脚がいっぱいいっぱいになる。

そんなこんなで、会場に行き、ライセンスコントロールと車検。

まさかの、ゼッケン位置を指導される・・・・

いい勉強になった。

 

f:id:shimablog:20160630211049j:plain

photo by Kensaku Sakai

貴重な写真を頂きました。ありがとうございます。

 

f:id:shimablog:20160630212816j:plain

photo by Norizo-

話しかけられて、鎖骨おさえたんだっけ?

今の私を象徴する一枚ですね。

 

 

f:id:shimablog:20160630210841j:image

こうやってみるとそこそこの位置に並んでいる。

並んでいたのですが、、、、

「スタートがなったら両脇があがってきて、落車したらどうしよう」

とかよけないなことを考えてしまった。

そして、そう思ったら、墨が紙にしみ込むように、心に入り込み、、、、

スタートしてクリートはめようとしたのに、

視界の端に人が見えたら、、、怖くなってクリートはめられなく、、、、

いい一スタートが最後尾の方へ・・・・。

そして、ローリングスタート時に端から上がっていく人が見え、私もそうしたい。

リアルスタートになった時に、この位置では、、、

ただでさえ今登れなくなっているのだから、、、、

と思うのに狭い道にびびって、またもや、、、、動けず。

 

そして、、、、リアルスタートになったら、

アタック合戦があったらしく(私の位置からは見えません)、

ハイペースできつくて、、、千切れかけ、

それでも少しでも差を埋めたくて踏むけど、

坂の最後の方でまだ後ろにいた方々にパスされ、最後尾。

一気に上がったペースに脚が踏めなくなり、離されていく一方でした。

(結局前の方にいても結果は一緒だったと思います。

 あのペースで走れる力はなかったとは思います)

 

もうこうなると、一人じゃどうにもなりません。

ガタガタ道の下りは昨日の練習通り下れたけど、

どこまでいっても人はみえず、

海岸線にでれば爆風で時速18Kmとか・・・・

これは1周もできないのではないかとおもっていたところ、、、、

実際海岸線途中で下されました。

そして、、、、ゼッケンを外して帰ることも交通規制の都合上できず、

車に乗ってゴール地点まで行きました。

もうあまりの遅さに、、、、

こんな選手が全日本にでてすいませんしか頭に浮かばず、

車内で肩身を狭くしていました。

そして、車から降りた時、観客の人も驚いていたし、

(1周目で車でかえってきたわけで・・・・)

拍手されて有難かったけれど、恥ずかしくて情けなかった部分もあります。

 

そして、補給所でまだ来ない私をまってくれているチームメイトの元へ。

最初は「ごめん」としか言えなかったけど、

段々と弱い気持ちがあふれて言葉にしていました。

その日のFBにはこんなことをかいていました。

「こんなに走れなくなった自分が情けなくてかっこ悪くて、

 去年の走れた頃に2度と戻れないじゃないかって気持ちでした。

 去年だって大したレベルではな いですけどそれでも伸びていたのがわかったし、

 多少自信とプライドがあったと思う。

 だからいまの自分が辛いし、戻せる希望が見えない」

実際、そんなようなことをこの場で口にしていました。

今までの大会でDNFは何度も経験しているけど、これまでとは少し違う感情。

自分の状態はわかっているけど、それでもどこかで何かを期待していた。

レースになればリミッターが外れるかも、とか。

練習で出来ていないことは、本番で出来るわけもない。

分かっていても、現実はつらい。

事故のせいでも、骨折のせいでもない。自分のプロセスが悪かったんでしょう。

ただただ、走れるようにならない自分が情けなく不甲斐なかった。

 

レースレポート言える内容がないのですが、

これが2016年の全日本選手権でした。

自分の気持ちをあまりに素直にかくのもどうなのか?と悩んだけど、

記憶は風化していくので、ちゃんと記録として残しておきたかったし、

この日の気持ちを忘れないようにあえて書くことにしました。

 

その後は、自転車を送る準備して、女子のレースを観戦。

知り合いの選手たちを応援しつつ、

直視するのはつらいけど、ちゃんと見て焼き付けなくてはと思った。

レース展開はすでに報道されているように、

激しい展開の末、7名のみ完走で、與那嶺選手優勝でおわりました。

おめでとうございます。

出場された皆様、お疲れ様でした。

また、高い関係者のみなさま、ありがとうございました。

 

とりあえず、夜はお酒を飲んで寝落ちしました。

 

 

一日一回、下のボタンをクリックして頂けると幸いです!

ご協力お願いします

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ