読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9/10 シャネルよりシャマル(20分走ちょっとだけ向上)

 実は今日限定で、ホイールを変えます。

友達からシャマルをかりた。

というのも、どうしてもアディクト×キシリウムが固くて足に来る気がしたし。

ターマック×ユーラス時代がすごい走りやすかった気がして、

言い訳なのか、事実なのか、

過去を美化しているの、現実なのか、

それを検証したくてホイールかりてみた!

 

 6:39~ 350分 116Km 獲得標高1895m

といっても、ただ適当にはしっても感覚的な話になってしまうので、

ここは定番の諏訪へ。

それで違いがわかるのではないか?と。

 

いつもと同じように諏訪までは体力温存でいこうとしたら、

まずNさんに山側で抜かれる。

そもそもアップすらしていない私はついていくなんて無理。

いってらっしゃいませw

 

20:02 170拍/180 75回転/106 NP190W 180//288 19.2

f:id:shimablog:20160913151654j:plain

結論からいうと、すごい、回る。

諏訪で75個回転なんて、私はじめてだとおもう。

そして、、、、脚にキシリウムほど来ない。。。。

いや、うん、物のせいにしてはいけない。

きっと、、、気のせいだ。

 

そして20分走のパワーが2週間前から+6W

ホイール変わったからといってパワーが変わるはずはないけど、

回しやすいとか脚がもつということであがったのか、

それとも2週間ですこし向上したのか、、、、

いや、うん、物のせいにしてはいけないのだから、

きっとこれは実力だ(次回この値越えられなかったらどうしましょうw)

190Wも目の前、200Wもみえてきた。

いや、そういっても、、、、それでもまだ全然だけど、

まずは少しずつ少しずつ。

 

諏訪下ってたら、タケちゃんが上がってきた。

こういう時下りは余裕なんで、年配者として「頑張れ~」と声かける。

自分が登っているときなら無理w

しかし、全力で漕いだからにはもう脚がしんどい。

このまま帰宅したい気分ですが、

せっかくの土曜日休みなのと

おきなわで普久川ダム登った後と同じ状態だ!

と思って、ここからまた登って下ってを繰り返すことに。

 

グリーンライン行こうとしたら、Iさんをみかけたので追いかけた。

で、ちょっと談笑しながら登っていたら(というか、諏訪で脚がなくなった)

爽やかにオレンジジャージがぬいていく!

「ピカさん!」と思わず叫んだけど、

いやー速かった。

諏訪で見たたけちゃんもだけどダンシングで駆け上がっていって、

あれができたらもっと強くなれるのかな?と思ったり、

シッティングばかりなら、それを極めるしかないのかと思ったり、

f:id:shimablog:20160913210354j:plain

 

その後も、十王の裏道を登って、中染めの旧道を使って、天下野街道へ。

目的は、開通した道路を走りたい、ただそれだけ。

ただ、そこまでいくとだいぶな走行時間になるなーと思いつつ、

やっぱり欲望のほうが勝ってしまい、天下野街道へ。

15%の標識をパスしてUターン。

 

ここのアップダウンすきなのに、向い風なような?

脚がもうないような?さらに言えば空腹。

だめだ、、、、これは木村饅頭いくしかないと悟る。

心も折れたし景色きれいなので一枚

f:id:shimablog:20160913205358j:image

 

あーーー、へろへろっておもっていたら、

「おはようございます」とオレンジジャージの方が!(二回目)

最初ビビってあっという間に見送ったけど、

なんか待ってくれている雰囲気と、

もがきたくて、必死で追いかけた。

神大吊橋の入り口まで頑張って少しだけ差を詰めた気がするけど、

ここで心折れ、木村饅頭にピットイン

 

 

f:id:shimablog:20160913205245j:imageかりんとう饅頭は持ち帰りです。

 

 もうここで4時間以上走っていたので、もう本当に頑張らないで帰ろう。

なんて思っていたのに、師匠に遭遇。

なんかない脚なりに本山を頑張って上がったら、思ったよりはタイムはよかった。

しかし燃え尽きた。

あれ?TSSが353とか、、、う、うそーーーん。

そんな強度とは思えない。

走行時間が無駄に5時間半もあったからかな?

 

しっかし、シャマ素敵でした。

シャネルを一度もほしいとは思ったことないけれど、

シャマルほしいですね。

・・・無い袖は振れないので、キシリウムと仲良くなる方法を探してみます

 

一日一回、下のボタンをクリックして頂けると幸いです!

ご協力お願いします

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ